自分のサイズの測り方

通販サイトのあるある「自分のサイズの測り方」

メンズファッションを通販するときに心配なのは洋服が自分のカラダにぴったり合うかどうかです。
ホームページにはモデルさんの身長が明記されていることが多いので、自分の身長と照らし合わせて参考にすることはできますが、やはり詳しいフィット感はなかなかわかりません。そんな時に欠かせないのが、自分自信で測るという方法です。それぞれの洋服には、肩幅やわたり、胸囲などがこまかく表記されています。ですから、メジャーを一本買っておくと便利です。それで自分の体のサイズをはかりつつ、ホームページ上の商品の表記と比較することができます。
また、自分でお気に入りのサイズ感の服がある場合は、その服のほうの大きさを測るという測り方も有効です。

メンズファッションのコーディネートとは

メンズファッションのコーディネートって難しいのかな?
私はインターネットの「メンズファッション」を参考にして服を合わせたりしますが、皆さんはどんな風にコーディネートしているのでしょうか。
メンズファッションのサイトはとても参考になります。おすすめします。いろいろなバージョンを見せてくれるし、ワンポイントアドバイス的なことも載せてあります。とくにお年を召された方は、服の組み合わせに困るようで適当に合わせると聞きますが、それではいけませんね。インターネットが使えるのなら、自分が好きな服装と年齢を入れて検索してみてください。おしゃれなサイトがたくさん出てきますから参考になります。

女性の苦手メンズファッションとは

女性には男性の服装、メンズファッションで苦手なゲロセンスがいくつかあるようです。
これも勉強で女性に好まれないファッションも覚えておきましょうか。
軽く「Tシャツ」からいくと、夏の定番アイテムのTシャツですが「丸襟はOK」ですが「VネックはNG」なんだそうです。「胸元が開きすぎ」ということなのでしょう。別に胸毛が見えてもいいと思いますが、女性はダメなんだそうです。
はじめから手厳しいと思ったかもしれませんが、まだまだありますよ。
次に場違いの「サングラス」夜なのにサングラスなんてのは「何カッコつけてんの?芸能人なの?」というくらいお怒りの意見が多いようです(最近増えてきていますが、夜は控えましょうね)。女性が苦手なファッションって、まだまだいっぱいあるから、当分このテーマで書けるなー。次回に期待してください。